兵庫県三田市富士小校区まちづくり推進協議会のみんなでつくるポータルサイト

(富士が丘、上深田、池尻)

2020年 6月 16日 火曜日

有馬富士公園 ~珍しい大葉合歓木が満開~


投稿者:ささえあいふじ

■兵庫県立有馬富士公園へオオバネムノキ(大葉合歓木)の花を見に行きました。福島大池の岸辺にある数本の高木に大きい花が咲いて見事でした。オオバネムノキは名前のとおり、普通のネムノキよりも葉が大きく、花も大きいです。オオバネムノキは絶滅危惧種です。

往路は家人に有馬富士公園まで送ってもらい、復路は三田市富士が丘まで炎天下を歩いて帰りました。

 

★有馬富士公園HP

http://www.hyogo-park.or.jp/arimafuji/

 

★パンフレットのダウンロードはこちら

http://www.hyogo-park.or.jp/arimafuji/contents/panfu/index.html

 

 

 

■参考写真(写真をクリックすると拡大表示できます。2020/06/16撮影)

 

1-ヤマボウシ(山法師)

白い花が咲いている木もありました。

1 

 

2-ヤマボウシ

青い実がたくさん出来ています。

2 

 

34-福島大池の越流堤

梅雨で雨がたくさん降ったため、越流堤から水があふれ流紋岩の露頭を流れ下っていました。

34

 

5-オオバネムノキ(大葉合歓木)

福島大池の東端の南岸にオオバネムノキがあります。この写真は北岸から撮った写真で、白いのはオオバネムノキの花です。

5 

 

610-オオバネムノキ

ネット情報によると、オオバネムノキは落葉小高木で高さ6mになるそうですが、有馬富士公園の木は立派な高木です。

6 7 8 9 10 

 

1112-オニグルミ(鬼胡桃)

2020/05/13に撮影した木に実が生っていました。

★立夏8日後の有馬富士公園 ~シャクナゲ咲く~

https://sanda-fujigaoka.com/2020/05/14/12322

11 12 

 

13-タンナサワフタギ

2020/05/13に撮影した木ですが、小さい実が生っていました。

13 

 

14-福島大池の生きもの

カワウ、カモ、カメが写っています。カメが10匹集まって「亀山」になっています。

14 

 

15-JR新三田駅方面へのハイキングルート

写真15は緑陰を行くハイキングルートです。

福島大池西南端から、大池川沿いのハイキングルートを歩くとJR新三田駅へ行けます。有馬富士公園のパンフレット(公園HPにあり)に略図が記載されています。

15 

 

16-大池川沿いのルート

福島大池から流れ出る大池川に沿っていますが、川から離れる区間もあります。

16 

 

1718-八幡神社

鳥居から石段を少し登ると八幡神社があり、境内には八幡宮・厄神宮が鎮座しています。

17 18 

 

19-ミニダム

集落に出るところに小さいダムがあります。

19 

 

20-ミニダムの落ち口

3方向に水が分流するようになっています。

20 

 

21-岩壁

ミニダムの南側に大きい岩壁があります。

集落に出て国道176号線を渡ればJR新三田駅があります(ルートは有馬富士公園のパンフレット記載の略図を参照ください)。

21 

 

22-武庫川の瀬戸橋

瀬戸橋から南側を撮った写真です。正面に長大な六甲山地が横たわっています。

22 

 

23-ホオジロ(頬白)

武庫川堤の水門の上でさえずっていました。

23 

 

24-田植えの済んだ水田

後方はフラワータウンのマンションです。

24 

 

25-ファブリダム

近くの建物に「武庫川平成井堰ファブリダム」と記載されていました。

ファブリダムは住友電気工業の登録商標で、一般的には「ゴム引布製起伏堰」というようです。布製袋内に空気や水を出し入れすることにより、袋体を起こしたり倒したりして堰の役目を果たすものです。設置・保守コストが安いです。

25 

 

26-雷雲迫る

この日は雷注意報が発表されていましたが、幸いに雷は鳴りませんでした。

富士が丘ポータルサイトに次の情報がありますので、どうぞご覧ください。

★落雷事故防止対策 ~落雷事故は防げる~

https://sanda-fujigaoka.com/2019/07/06/8542

26 

 

=以上=