兵庫県三田市富士小校区まちづくり推進協議会のみんなでつくるポータルサイト

(富士が丘、上深田、池尻)

2021年 1月 17日 日曜日

御霊神社 ~国指定重要文化財の本殿~


投稿者:ささえあいふじ

■御霊(ごりょう)神社

兵庫県三田市貴志(きし)に鎮座する御霊神社は、創建時期は不明ですが、現在の本殿は室町時代の文明2年(1470年)に再建されました。本殿は国指定文化財です。

 

祭神は、伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉冊命(いざなみのみこと)、大比古命(おおひこのみこと)、比売神(ひめのかみ)、鎌倉権五郎景政(かまくらごんごろうかげまさ)です。鎌倉権五郎景政は平安時代後期の勇将で、鎌倉の御霊神社から勧請・合祀されました。

 

 

 

■参考写真(写真をクリックすると拡大表示できます。2021/01/17撮影)

 

①御霊神社参道入口

1 

 

②参道

幅の広い参道がまっすぐ延びています。参道の長さは150mぐらいあります。正面に拝殿の屋根が見えています。

2 

 

③鳥居と拝殿

3 

 

④説明板

4 

 

⑤鳥居と拝殿

5 

 

⑥拝殿

高木が多い社叢の中に風格のある社殿が鎮座しています。

6 

 

⑦拝殿内

正面奥は本殿です。

7 

 

⑧絵馬が掛かる拝殿内部

8 

 

⑨本殿(正面から)

9 

 

⑩本殿(左側から)

文化庁のデータベースによると本殿は、桁行二間、梁間正面三間、背面二間、一重、入母屋造、妻入、向拝一間、檜皮葺です。

10 

 

⑪蟇股(かえるまた)の透かし彫り(本殿正面)

中央の蟇股の真ん中に十一面観音菩薩を意味する梵字のキャ(下図)があります。神仏習合の名残です。

202←梵字のキャ

11 

 

 

⑫蟇股の透かし彫り(本殿右側)

左は恵比寿大黒、右は唐獅子牡丹です。

12 

 

⑬蟇股の透かし彫り(本殿左側)

三宝珠です。

13 

 

⑭コロナ対策をした狛犬

14 

 

⑮~⑰夜なき石

説明板を見ると、2枚目の写真が夜なき石であるようです。

15 16 17 

 

⑱大峰登拝供養塔(左)と神変大菩薩像(右、じんべんだいぼさつぞう)

供養塔は宝篋印塔(ほうきょういんとう)の立派なもので、「奉供養 大峯 山上」、「奉詣三十三度」などとと刻まれており、造立年月日は明和元年12月吉日と彫られているようです(断定できません)。明和元年ならば西暦1764年で、江戸時代にあたります。この塔は修験道の聖地・奈良県大峰山脈の山上ヶ岳(さんじょうがたけ、1719m)に33回登拝したことを記念するものです。

18 

 

⑲神変大菩薩像

高下駄を履いた神変大菩薩像です。「神変大菩薩」は修験道の開祖・役行者の一千年御遠忌に際し、寛政11年(1799年)に光格天皇から贈られた諡号です。奈良時代の行者に江戸時代の天皇から諡号が贈られるとは、皇統が継続している日本ならではのことであり、役行者の貢献の大きさがわかります。

19 

 

⑳御霊神社社務所裏から北東側の風景

中央部の3つの山は左から、烏ヶ岳(からすがたけ、528m)、有馬富士(ありまふじ、374m)、大船山(おおふなやま、653m)です。3つの山がほとんど一ヶ所に集まって見えるのは面白いです。

20 

 

㉑すずかけ台側の参道入口

ウッディタウン側の入口です。

21 

  

=以上=