兵庫県三田市富士小校区まちづくり推進協議会のみんなでつくるポータルサイト

(富士が丘、上深田、池尻)

2020年 12月 22日 火曜日

富士小校区内のAED設置状況


投稿者:富士が丘防災部会

 統計によると、心臓発作等で倒れる人は年間 8 万人(1 日当たり 200 人)、この内自宅で倒れる人が60%と言われています。倒れた人を発見したときに、その場に居合わせた人が救命処置(心肺蘇生とAED)を行うことで救命の可能性が高くなります。

 そこで、私達の住む富士小校区の中にどれだけのAED(自動体外式除細動器)が設置されているか?またその状況はどうなっているかについて、調査しましたのでお知らせ致します。(救命処置については、別途案内の予定)

是非、自分の近くにあるAEDの設置場所を覚えておきましょう。

AEDとは? 心室の細動で全身に血液を送れないとき電気ショックを与えて、正常な機能を回復させる装置。

なお、富士が丘防災部会の各種情報は、こちらをご覧ください。

更新 2020年12月22日

Download (PDF, Unknown)