兵庫県三田市富士小校区まちづくり推進協議会のみんなでつくるポータルサイト

(富士が丘、上深田、池尻)

2021年 6月 23日 水曜日

ツキノワグマ出没 ~熊への効果的な対応方法~


投稿者:ささえあいふじ

■兵庫県南東部でクマ出没

2021年6月に兵庫県丹波市と芦屋市での下記2件のクマ出没がニュースになりました。

 

また、北海道では2021年6月18日に札幌市東区の市街地をヒグマが走り回って怪我人が発生、警察や猟友会等が出動して大捕り物になった件は記憶に新しいところです。

最近はクマによる人身被害が多くなっていますので十分注意することが重要です。

以下にクマ対応の最新情報をご紹介します。

 

 

【兵庫県のクマ出没】

①2021/6/23 12:08神戸新聞NEXT

登山中背後に物音、振り返るとクマ 男性が脚をかまれ負傷 山道立ち入り禁止に 丹波

https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202106/0014438962.shtml

 

②2021/6/21 17:00神戸新聞NEXT

芦屋にツキノワグマ出没 体長1・5m、近隣でも目撃情報

https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202106/0014431296.shtml

 

 

 

■環境省のマニュアル改定

①環境省は次のマニュアルを改定し、ネットで公開しています。
クマ類の出没対応マニュアル -改定版-

令和 3(2021)年 3 月 環境省自然環境局

https://www.env.go.jp/nature/choju/docs/docs5-4a/pdfs/manual_full.pdf

 

②マニュアルの「III クマ類に遭遇した際にとるべき行動 (P.72)」には、登山者や一般人向けの案内が2ページにまとめられています。短いですのでぜひご覧ください。

 

③「クマ撃退スプレー(唐辛子成分であるカプサイシンを発射するスプレー)を携行している場合は、クマに向かって噴射することで攻撃を回避できる可能性が高くなります。」
上記文章がマニュアルに記載されており、有効な対抗手段と考えられていることがわかります。

 

 

 

■参考情報

①次のyoutubeは、クマ研究の第一人者・米田一彦(まいた かずひこ)氏の貴重かつ豊富な経験にもとづく説明です。「熊に遭遇しない方法」、「熊に遭遇した時の対処法」や、「クマ撃退スプレーの使用方法」などの説明もあります。登山者はもちろん山野で活動される方には視聴を強くおすすめします。
★ 【熊に遭遇した時の対処法】を熊博士に聞く (35分44秒)  2021/03/12 アップロード

https://www.youtube.com/watch?v=XNnRbvZFxn4

 

【上記の米田氏の話の抜粋】
・クマの攻撃のうち、約90%はクマ撃退スプレーを噴射すれば助かる。
・クマ撃退スプレーをクマの顔に向けて噴射すると逃げて行く。
・近年のクマは人間に慣れていて、人や車を怖がらない。
・冬眠しないクマもいて、冬でも出没する。
・過去100年間に約2200件のクマ関連事故があり、そのうち登山関連は約100件で死亡事故はない。
・人身事故は6月と10月に多い。6月はクマの交尾時期である。
・ピッケル、ストック、ザックなどを振り回して身体を大きく見せるとクマが去っていく可能性がある。
・女性800人中600人が伏せて助かっているが、頭部を損傷したり頸動脈を切られると助からない。
・ストックでクマの口や目を突くのは意外に効果がある。
・過去の死亡例50件のうち食害を受けたケースは13件あった。
・走ってクマから逃げることはできない。樹木の一部になって動かないことがよい(動画中に実例写真あり)。距離が離れていても、左右に動くとクマはすぐに気が付く。

 

 

②ハイキング中に不明の女性、無事発見 クマに襲われスプレーで撃退 米
6/21(月) 14:49配信 CNN
https://news.yahoo.co.jp/articles/f044032890d6013b4a43e866976f6c511c06a8c4

 

③クマ撃退スプレー
★元祖・熊撃退スプレー 「カウンターアソールト」

http://outback.cup.com/counter_assault.html

 

=以上=